東京・春・音楽祭2020 概要発表

10月28日、東京文化会館にて、「東京・春・音楽祭2020」の概要発表記者会見が開かれた。16回目の開催となる今回は3月13日から4月18日までの5週間強にわたって、オペラ、オーケストラ、室内楽など、200を超える公演が開催される。
(2019.10/28 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:銭谷眞美(上野の山文化ゾーン連絡協議会 会長/東京国立博物館 館長)、鈴木幸一(東京・春・音楽祭 実行委員長)、津村 浩(読売日本交響楽団 常任理事・事務局長 )、二木忠男(上野観光連盟 会長)

音楽祭の開幕を飾るのは、リッカルド・ムーティ指揮東京春祭特別オーケストラによるヴェルディの《マクベス》(演奏会形式)。前回に引き続き、巨匠ムーティによる「イタリア・オペラ・アカデミー」も開催される。本公演2公演とは別に、ムーティによる《マクベス》作品解説や、イタリア・オペラ・アカデミー特別公演として、受講生の指揮による若い音楽家による《マクベス》抜粋も上演される。ちなみにこの受講生の顔ぶれは前回と同じであり、先頃ブザンソン国際指揮者コンクールで第1位を獲得した沖澤のどかも含まれている。

2019年に行われた「イタリア・オペラ・アカデミー」vol.1 マスタークラスの模様より
沖澤のどか(左) 写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。