《エウゲニ・オネーギン》が描く真実の愛とは?| ヴィタリの心の歌 第5回

10月には、また人生で初めての経験をさせていただきました。新国立劇場でのチャイコフスキーの歌劇《エウゲニ・オネーギン》にオネーギン役のカバーキャストとして携わったのです。本キャストの皆さん、体調を崩すこともなく最後までお客さんに最高の舞台を見せてくれたので、本番で歌うことはありませんでしたが、カバーすることもまた簡単ではないとよく分かりました。

ずっとリハーサルを観ていて、本当に毎回感動しました。とても久しぶりにそこまで素晴らしいプロダクションを観ましたし、自分も少し関わることが出来てとても嬉しかったです! 凄くいい作品に仕上がったので、そのままでお客さんに観ていただきたくて、初日は特に客席から祈っていたので、舞台の上にいる皆さんより緊張していたかもしれません。

C)Took Shindo

《オネーギン》は世界中にロシアオペラとして一番知られている曲なので、新しく演出することはとても大変だったと思います。チャイコフスキーの素晴らしい音楽だけではなく、プーシキンのテキストの韻文小説がリブレットのベースでもありますので。

私はリハーサルのときに、日本人に「プーシキンは日本だと誰に相当しますか?」と聞かれました。私は笑いながら「松尾芭蕉」と答えました。しかし、ロシアでは文化に関して「プーシキンは私達のすべて」と言われています。一番大事な詩人ですし、彼の作品から新しいロシア語が生まれました。次のドストエフスキー、トルストイなどはプーシキンのおかげだと思います。

この「オネーギン」は韻文小説としてだけでもとても素晴らしい作品で、「ロシアの生活の百科事典」と言われています。もちろん、19世紀の前半のロシア帝国の生活についてですが。そして元々韻文小説ですが、違う言葉に翻訳すると散文になったりもします。皆さん、ロシア語を勉強しましょう!(笑) 

新国立劇場《エウゲニ・オネーギン》最終舞台稽古より
エフゲニア・ムラーヴェワ(タチヤーナ)とワシリー・ラデューク(オネーギン)
Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE

もちろん、小説とオペラは違っているところがあります。小説にはオネーギンへのタチヤーナの手紙だけではなく、オネーギンからの手紙もありますし、とても大事なシーンになっているタチヤーナの予言夢(オネーギンとレンスキーの決闘)は オペラにはないです。キャラクターの違いもあり、プーシキンにとってはタチヤーナの夫が重要ではないので彼の名前はテキストに出てこないのですが、チャイコフスキーはこの役を大事にしていたのでグレーミン公爵という名前をつけ、社会的にとても偉い地位の人という設定になりました。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

ヴィタリ・ユシュマノフ

サンクトペテルブルク生まれ。マリインスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーで学ぶ。ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学を卒業。2013年以来、度々来日し各地で演奏。15年より日本に拠点を移す。CDも『Parole d’amore』(オクタヴィア)、「『ありがとう』を風にのせて〜日本名歌曲集〜」(オクタヴィア)など3枚をリリース。日本では《ドン・カルロ》ロドリーゴ侯爵役、《ドン・ジョヴァンニ》ドン・ジョヴァンニ役、《ラインの黄金》ドンナー役に出演。18年にはプレトニョフ指揮、ロシア・ナショナル管と演奏会形式で、歌劇《イオランタ》にエブン=ハキア役で出演。19年には《ドン・ジョヴァンニ》をタイトル・ロールとして全国4公演に出演した。日本トスティ歌曲コンクール2015第1位、第14回東京音楽コンクール第2位、第52回日伊声楽コンコルソ第1位および最優秀歌曲賞受賞。藤原歌劇団団員。
公式ウェブサイト
http://vitalyyushmanov.com/