シャビエル・アンドゥアガ(テノール) | いま聴いておきたい歌手たち 第9回 

text:香原斗志(オペラ評論家)

24歳ですでに重ねている国際的キャリア

今回は「先物買い」の楽しさを提供したい(今後もときどき提供する)。1995年6月5日生まれ。現在24歳。日本人の歌手や歌手の卵なら大学か大学院で勉強中であり、これから留学を検討するかどうかという年齢である。しかし、シャビエル・アンドゥアガは、すでに国際的なキャリアを歩みはじめている。

2020年前半の予定だけでも、パリのオペラ座でロッシーニ《セビリアの理髪師》のアルマヴィーヴァ伯爵、ケルンで同《ランスへの旅》の騎士ベルフィオーレ、ダラスで《セビリアの理髪師》、仏リールで《ファルスタッフ》のフェントン、リスボンで《オリー伯爵》のタイトルロール、と並ぶ。そして、私はここで予言しておきたいが、彼は近い将来必ず、オペラ界を背負って立つスター・テノールになるだろう。

ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル
《リッチャルドとゾライデ》より
C)Amati Bacciardi

アンドゥアガの魅力を手っ取り早く理解するためには、昨年11月末から12月にベルガモで収録されたドニゼッティ《ケニルワース城のエリザベッタ》の映像を観てほしい。出世作《アンナ・ボレーナ》の前年にあたる1829年に初演されたこのオペラで、彼はエリザベッタ(女王エリザベス1世)が思いを寄せるレイチェスターという役を歌っている。これが大変な難曲だが、ほとんど非の打ちどころがない歌を披露しているのだ。

まず、ブリリアントで光沢のある声がすばらしい。明るい声なのだが、同時に憂愁の香りが漂い、えもいわれぬ魅力がある。声だけでもスターの素材だが、弱音の自然で美しい響き、なめらかに移行した高音の豊かな広がり、意味のこめられた明瞭な言葉、そして気品ある流麗なフレージング――。こうして挙げたのは歌唱における部分だが、それらが連なった楽曲には、さらなる説得力がある。

この7月には、プラシド・ドミンゴ主催のコンクール「オペラリア」で優勝を勝ちとったが、予想通りの結果だというほかない。


最初から別格

スターになる逸材は、出発したときから違う。もちろん努力で勝ちとれるものもあるが、かつて「声帯に神がキスした」といわれたパヴァロッティのように、並み居る強豪のなかで傑出する人の多くには、天から授かりものがある。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。