ステファン・ポップ(テノール) | いま聴いておきたい歌手たち 第10回 

text:香原斗志(オペラ評論家)

パヴァロッティに近いテクニック

だれかと顔が似ていると思うと、声のトーンや話し方まで似ている、ということがよくあるが、この人の場合、体型がルチアーノ・パヴァロッティによく似ていて、歩き方も、手の動かし方も、首の振り方も近しい。さらには顔までが似た雰囲気で、想像がつくと思うが、歌い方もパヴァロッティを彷彿とさせるのである。

テノールの声が空気をつんざくように客席に届き、それを浴びて心地よい、という経験は久しぶりだ。2019年10月末から11月上旬にかけて「ステファン・ポップと仲間たち」というガラ・コンサートが武蔵野、東京、大阪、横浜で開催されたが、メインの出演者であったポップは、大きな体のどこにも力みがなく、余裕で発声している。まるで一流のピッチャーが投げる剛速球のように、その声は強い音圧がかかり、ピンと張りつめているのだが、豊かな倍音をともない、さらには緩急自在なのだ。そして、フォルティッシモもピアニッシモも心地よい。高級車のエンジンがなめらかに吹け上がるのにも似ている。そこもパヴァロッティと似ているが、身につけたテクニックも近いのだろう。

「ステファン・ポップと仲間たち」公演より
C)Kyoji Yamamoto

ポップに「顔がパヴァロッティに似ている」と伝えると、豪快に笑いながら、「パヴァロッティが僕の憧れでね。オペラの勉強を始めて最初に観たのが、パヴァロッティが歌う《ラ・ボエーム》の〈冷たい手を〉でしたから。その後、賞をもらったコンクールでも〈冷たい手を〉を歌い、その次にパヴァロッティを聴いたのが《リゴレット》の〈女心の歌〉でした。すぐに気に入って『僕もマントヴァ公爵を歌いたいなあ』と思いましたよ。16歳か17歳だったかなあ」と話してくれた。そもそも歌の勉強を本格的に始めたのは、高校に入る前にたまたま受けた歌のレッスンで先生に「オペラを勉強しなさい。きみは第2のパヴァロッティだ!」といわれたのがきっかけだという。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。