アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回

2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します!


第6回 アムステルダム・運河の街のエラール

text & photos:川⼝成彦

アムステルダムはスキポール空港から僅か20分で中心地に到着出来るという好立地であり、トランジット旅行を楽しむ人々も含めて数多くの観光客で賑わう街です。「アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の運河環状地区」がユネスコ世界文化遺産に登録されており、400年の歴史を持つ運河の街並みは歴史的情緒を持ち大変魅力的です。ムゼウムプレイン(Museumplein)というエリアには世界三大オーケストラの一つであるロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の拠点であるクラシック音楽の殿堂コンセルトヘボウ、そしてレンブラントやフェルメール、ゴッホといったオランダの名画家の作品を揃えた美術館(アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館)が建ち並び、芸術の薫りが漂います。

コンセルトヘボウ
運河沿いの家々

また昔の絵画のまま美しく残る歴史的建築や、古い美術品や調度品を揃えた骨董通りなどを巡ると、現代に生きながらも古い物を重んじる街の一面を覗くことが出来ます。このようなアムステルダムにも貴重な歴史的ピアノが数多く見られますが、その中でもアムステルダム国立美術館に展示されている1808年のエラールとの出会いはやはり感動的なものでした。

アムステルダム国立美術館
エラール1808年(アムステルダム国立美術館所蔵)

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

川口 成彦(Naruhiko Kawaguchi)

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位(2018)、ブルージュ国際古楽コンクール・フォルテピアノ部門最高位(2016)、第1回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール優勝(2013)。フィレンツェ五月音楽祭をはじめ欧州の音楽祭にも出演を重ねる。協奏曲では18世紀オーケストラなどと共演。東京藝術大学楽理科卒業。東京藝術大学大学院およびアムステルダム音楽院の古楽科修士課程を首席修了。
公式ウェブサイト
https://naru-fortepiano.jimdo.com/