ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 

text:香原斗志(オペラ評論家)

スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器

20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。

2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル(ROF)で、《試金石》のマクロービオ役を歌った際、指揮をしたダニエーレ・ルスティオーニに「注目すべき歌手はだれか」と聞くと、即座に返ってきた答えが「ダヴィデ・ルチアーノ!」だった。翌18年のROFでは《セビーリャの理髪師》に出演し、これは記憶に深く刻まれるフィガロだった。

彼の声は艶やかで、輝かしく、濃密で、音圧が高い。そして黒光りするような濃厚な声が自然と、快活に湧き出るのだ。南イタリアの強い日差しを浴びて育ったぶどうから作られた、果実味が豊かだが深く、複雑な味の上等な赤ワインとでもいえばいいだろうか。しかも、音域がきわめて広いうえに、あらゆる音域で性質が一定しているから、音楽が映えることこのうえない。ロッシーニの歌唱に必要な、連なる小さな音符を敏捷に駆けぬけるアジリタも、非常にシャープに歌いこなす。

声同様に身体の動作も快活で、だから歌にも表情が加わるという好循環が起きる。視覚的なインパクトも強く、私の友人は「オペラ界の海老蔵」と呼んだが、実際、歌舞伎で見得を切るような動きをし、目力が異常なほど強い。まさか、本人が歌舞伎役者を意識しているわけではなかろうが、インタビューした際、左肩に入れたタトゥーを見せてくれた。「日本には行ったことがないけど、歌舞伎が好きだから」。そこには歌舞伎役者の顔が彫られていた。

19年にROFで歌った《とてつもない誤解》のブラリッキオ役も、コミカルな表現が堂に入って秀逸だったが、注目すべきは最近の活躍の広がりである。メトロポリタン歌劇場(MET)では、18年1月に《愛の妙薬》のベルコーレ、同年9月に《ラ・ボエーム》のショナールを歌い、今年1月にはバイエルン州立歌劇場で《ラ・ボエーム》のマルチェッロ。9月にはベルコーレでミラノ・スカラ座にデビュー。そして20年7月には、ザルツブルク音楽祭で《ドン・ジョヴァンニ》のタイトルロールである。まだ30歳を少し超えた年齢にして、一気にスターダムにのし上がってきた感がある。

ダヴィデ・ルチアーノ(前列右から2番目)
ニュヨーク・メトロポリタン歌劇場《愛の妙薬》公演(2018)より
C)Karen Almond/Metropolitan Opera

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。