【公演中止】コニカミノルタプラネタリア TOKYO 3/8(日) LIVE in the DARK -CLASSIC- ご招待 抽選応募

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により公演中止となりました。

2/23に申込終了しました。

会員登録された方に抽選で招待券をご用意いたします。(2/23申込締切)

イベント概要

LIVE in the DARK -CLASSIC-

日時:2020年3月8日(日) 16時00分(所要時間約40分)
会場:コニカミノルタプラネタリア TOKYO(東京・有楽町マリオン 9F)

<イベントの内容>

ドビュッシーやサティの音楽を、彼らが暮らしたフランスの星空とともに
本公演で演奏する楽曲は1860年代〜1900年代にフランスで生まれたクラシックの名曲たち。
フランス音楽界の印象派の中で最も大きな影響力を持ったクロード・ドビュッシーと、クラシック音楽界の異端児とされながらも、現代音楽に大きな影響を与えたエリック・サティの音楽に焦点をあてます。

また本公演は通常のクラシックコンサートとは異なり、プラネタリウムが映し出す満天の星々の下で、生演奏を鑑賞するというもの。ドビュッシーやサティが暮らした当時のフランスの星空を再現し、プラネタリウムでしか味わえない“目と耳で楽しむ”クラシック演奏会をご体感ください。

写真はDOME2の銀河シート。ご招待の対象となるのは一般シートです。  写真提供:コニカミノルタプラネタリウム

名曲「月の光」や「ジムノペディ」をピアノカルテットで
クラシックの定番曲として、誰もが知るドビュッシーの「月の光(ベルガマスク組曲・第3曲)」や「夢(夢想)」。浮遊感のある不思議な旋律で今なお多くの人々に愛されるサティの「ジムノペディ第1番」や「グノシェンヌ第1番」といった、私たちに馴染み深いクラシックの名曲を演奏します。

 

 

 

本公演では、ピアノを中心としたチェロ、コントラバス、アルトサックスによるピアノカルテットで演奏を行います。編曲はピアニスト・佐合庸太郎が担当し、原曲に忠実ながらも各楽器の音色も活かした、クラシックファンも楽しめる内容になっています。
HPより転載)

<オフィシャルムービー>

提供席数

5組10名様

イベント詳細

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/classic/

申込締切

2020.2/23(日・祝)

当選の通知

当選者の発表は招待券の発送をもって代えさせていただきます。

申込には会員登録(無料)が必要です。
会員の方はログインしてから申込をお願いします。

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。